文字サイズ

デビュー2戦目の畑岡は1オーバー81位発進 米女子ツアー

 「米女子ゴルフ・ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン・第1日」(16日、ロイヤルアデレードGC=パー73)

 第1ラウンドが行われ、米女子ツアー・デビュー2戦目の畑岡奈紗(森ビル)は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの1オーバー74で回り、首位と9打差の81位と出遅れた。キャサリン・カーク(オーストラリア)が8アンダー65をマークして単独首位に立った。

 アマチュアで出場した昨年の日本女子オープンを史上最年少の17歳で制し、その後にプロ転向した畑岡は、昨年暮れの米ツアー最終予選会(QT)を14位で通過し今季の同ツアー出場権を獲得。デビュー戦となった1月の開幕戦、ピュアシルク・バハマクラシックは予選落ちした。

 他の日本勢では、横峯さくら(エプソン)が1アンダー72で首位と7打差の41位発進。昨年のこの大会で米ツアー初優勝を果たした野村敏京(フリー)は2オーバー75で99位、日本ツアーからスポット参戦の松森彩夏(スターツ)は3オーバー77で111位、上原彩子(モスフードサービス)は4オーバー78で122位と苦しいスタートとなった。

 今大会の概要と第1日の気象条件は次の通り。

 参加選手144人、賞金総額130万ドル(約1億4800万円)、優勝賞金19万5000ドル(約2220万円)、晴れ、気温24度、南南西の風5・4メートル

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス