文字サイズ

奈紗、米ツアーデビュー戦は1・26 自らネットで出場枠確認

 女子ゴルフの最年少プロ・畑岡奈紗(17)=フリー=が25日、米ツアーデビュー戦が開幕戦のピュアシルクバハマLPGAクラシック(1月26~29日、バハマ・オーシャンクラシックGC)に決まったことを明らかにした。26日には合宿先のマレーシアに出発し、実戦トレーニングを再開。着々と記念すべきデビューの日となる1月26日に合わせていく。

 待ちに待った米ツアーデビュー戦が決まった。畑岡はこの日、栃木県・桃里CCで行われた地元のプライベートコンペに、ジュニア時代から仲が良く、今年のプロテストに合格した大出瑞月らと参加。ラウンドを終えた後で「(デビュー)試合が決まったって感じなので、そこに照準を合わせていきたい」と笑顔で腕まくりした。

 米ツアー開幕戦のピュアシルクバハマLPGAクラッシックは出場枠が狭く、これまでは現地入りしてウェイティングするかどうかも迷っていた大会。だが、畑岡本人が前日、米ツアーサイトに直接アクセスして確認したところ「去年134人が出ていて、私の(出場優先)順番は135番手だった」。ひとりも欠場者が出ないことは考えにくく「これで出られますね」とほっとしたように話した。

 米国のコースや芝に対応するため、ギアの準備も大急ぎで進めている。前日は用具契約が内定しているダンロップと本番用クラブのフィッティングを行い、ドライバーのシャフトをグラファイト社製に替えた。「飛距離が5ヤードから10ヤード伸びると思う。米ツアーでは平均くらいですけど260ヤードはいくかも」。年末年始はマレーシアで練習漬けの毎日を送り、記念すべきデビューの日に備える。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス