日本にとって価値のあるボーナスポイント スコットランドには大きなプレッシャー

サモアに勝利し抱き合って喜ぶ姫野和樹(中央)ら日本代表フィフティーン=豊田スタジアム(撮影・棚橋慶太)

 「ラグビーW杯・1次リーグA組、日本38-19サモア」(5日、豊田スタジアム) 関連ニュース リーチ主将「お父さんは変な人」 電気も水道もない地で自給自足生活  日本代表(世界ランキング8位)が38-19でサモア(同15位)に快勝し、3連勝を飾った。日本は勝ち点を14に伸ばし、A組首位に再浮上。最終戦のスコットランド戦(13日・日産)で、勝ち点2を確保すれば初の8強進出が決まる。

 日本は80分経過のホーンが鳴った後のラストプレーでWTB松島幸太朗(サントリー)がトライを決めた。この試合、日本の4トライ目でボーナスポイント(BP)1点を獲得した。

 このBP1点が、日本の1次リーグ突破へ、重みのある1点となった。

 試合終了時でA組の順位を見る。首位は勝ち点5を加えた日本。3連勝で勝ち点14に伸ばした。2位に2勝1敗で勝ち点11のアイルランド。3位に1勝1敗で勝ち点5のスコットランド。サモアとロシアは敗退が決まった。

 スコットランドは9日に第3戦・ロシア戦(静岡)を迎える。ここはスコットランドがBPを獲得して勝ち点5を積み重ねると見るのが自然だ。そうなると最終戦は次のような状況で迎えることが予想される。

 1位 日本(勝ち点14)

 2位 アイルランド(同11)

 3位 スコットランド(同10)

 アイルランドの最終戦はサモア(12日・レベスタ)。順当なら勝ち点5を加えて勝ち点16となる。

 そして日本は13日にスコットランドと対戦する。日本は勝てば勝ち点18以上となり、文句なしの首位通過。引き分けならば勝ち点16以上となり、並んだとしてもアイルランドには直接対決で勝利しているため、やはり首位となる。

 問題はスコットランドに敗れた場合。仮に敗れても4トライ以上挙げて7点差以内の敗退ならば、BP2を獲得して日本は勝ち点16となり、1次リーグを突破する。スコットランドとすれば勝ち点14では突破できない可能性があるため、日本戦はBP込みの4トライを取りにいく戦い方を迫られることにもなる。それだけに意味のあるBPだった。

 選手はもちろん勝って決めるつもりだ。ナンバー8姫野が「全勝で突破したい」と言えば、SO田村は「次が僕らの決勝戦。どうやって4年間過ごしてきたかしっかりファンの方に見せて、すべて出し切りたい」と勝利だけに視線を向けた。

2019/10/05

関連ニュース