文字サイズ

“笑わない男”稲垣が笑った 母校の天然芝グラウンド開きでファンと触れ合い

 ラグビー日本代表・稲垣は自ら天然芝を寄贈した母校・新潟工のグラウンド開きを訪れる
 ラグビー日本代表・稲垣(中)が天然芝グラウンド開きをした母校・新潟工を訪問。芝の状態をチェック
 ラグビー日本代表・稲垣は母校・新潟工グラウンド開きでキックオフ
3枚

 ラグビー日本代表プロップ稲垣啓太(29)=パナソニック=が8日、新潟市の母校・新潟工業高校を訪問。自ら約300万円を寄付して完成した天然芝グラウンド開きと、W杯壮行会に出席した。

 “笑わない男”として定着している男が、笑った。新潟の空の下。常に熱い声援を送るファン、そして青春時代を過ごした仲間たちとともに。緑の芝を眺めて表情を崩した。周囲から指摘されると「地元でゆるむこともある。たまには普通に笑いますよ」。やはり従来のコワモテに戻してそう話した。

 「2カ月前まで、硬い土だったとは思えない」と芝に手を触れて感慨深そうに話した。

 新潟工は今春の新入部員がわずか7人だった。樋口猛監督(47)は「廃部の危機も感じた。天然芝化しかないと思った」と言う。メールで相談された稲垣は二つ返事で苗や機材の費用300万円を寄付するおとこ気を見せた。

 「新潟県のラグビー界の希望の場所に中心になれば。子どもたちが未来のラグビーを担う人材に成長して世界に羽ばたいてほしい」。天然芝の上でプレーする子どもたちに、細い目をさらに細めた。

 W杯前の最後のオフを迎えている。その中の貴重な1日を「仲間の大切さを知った」という母校で過ごした。だっこした小さな子どもにギャン泣きされたシーンもあったが、30度を超える猛暑の中、訪れた500人を超えるファンや子どもたち一人一人へからエールを受けて、サインや握手、写真撮影に応じる熱いハートを見せた。

 「すべてを力に変えたい。W杯でいい結果を出さないと」。故郷で少しだけ笑った“笑わない男”は、再び戦いの場に臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス