文字サイズ

松島、一矢報いた唯一のトライ 約50メートル独走

 「ラグビー・リポビタンDチャレンジカップ、日本7-41南アフリカ」(6日、熊谷ラグビー場)

 世界ランキング10位の日本は、同5位でW杯優勝候補の南アフリカと対戦。WTB松島幸太朗(26)=サントリー=のトライなどで一矢を報いたが、7-41で大敗した。

 南アフリカ生まれのWTB松島が唯一のトライを奪った。0-27の後半20分、相手パスの乱れを突き、CTBラファエレが絶妙のタップパス。WTBモエアキオラのパスを受けると、快足を飛ばして約50メートルを独走した。前回の対戦ではノートライに終わったが、4年間の成長を示す形となった。ただ、大敗に終わり「状況が状況であんまり喜べなかった。トライできたことはウイングとして仕事もできたし、うれしく思う」と控えめに振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス