文字サイズ

ラグビー日本に不安…WTB福岡が南ア戦開始直後に退く、負傷か

前半、南アフリカに先制トライを許した日本フィフティーン=熊谷ラグビー場
前半、開始早々に負傷退場する福岡堅樹=熊谷ラグビー場(撮影・棚橋慶太)
前半、交代し、ベンチに戻る福岡(左)。右は流
3枚

 「ラグビー・リポビタンDチャレンジカップ、日本-南アフリカ」(6日、熊谷ラグビー場)

 日本のWTBとして先発出場していた福岡堅樹が試合開始してすぐ、負傷したと見られ、プレーを中断し、試合から退いた。

 かわってモエアキオラが投入された。

 20日のW杯初戦・ロシア戦までは2週間。福岡の状態が心配される。

 試合は開始7分にトライを奪われ、ゴールも決まって0-7と先行されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス