駿河台大が箱根駅伝初出場 徳本監督10年目の悲願達成

 駿河台大が箱根駅伝に初出場する。かつて学生長距離界のエースとして活躍した徳本監督、31歳の今井隆生(4年)、留学生らを含めた個性派集団が初の箱根路に挑む。

公開日:2021.12.7

箱根駅伝予選会で8位!初出場決めた

駿河台大が歓喜の箱根駅伝初出場 徳本監督「この子たちのこの顔が見たかった」

 「箱根駅伝予選会」(23日、陸上自衛隊立川駐屯地周回コース)
 本戦出場権10枠をかけて行われ、駿河台大が8位で悲願の初出場権を獲得した。
 大学時代は法大のエースだった徳本一善監督は、本戦出場決定後に、日本テレビによるインタビューに応じた。「長かったようで、短かったようでというので。本当にこの子たちの、この顔が見たかったので、10年間、我慢してやり続けてよかったなと思っています」と歓喜に沸く選手たちの傍らで語った。

駿河台大が歓喜の箱根駅伝初出場 徳本監督「この子たちのこの顔が見たかった」

31歳4年生・今井 中学教師を休職して箱根に挑戦

駿河台・今井 教師から31歳で箱根路「仲間に感謝」チーム内のぶつかり合いで学び

 「箱根駅伝予選会」(23日、陸上自衛隊立川駐屯地周回コース)
 31歳の4年生・今井隆生(駿河台大)が最後のチャンスをつかみ取った。初の本戦出場権を獲得し、「歴史が動いた瞬間かなと思った」と仲間と喜びを爆発。自身はチーム最後の10番手でゴールし、「嬉しいという言葉を使うよりは仲間に感謝です。後輩たちにただただ感謝です」とはにかんだ。

駿河台・今井 教師から31歳で箱根路「仲間に感謝」チーム内のぶつかり合いで学び

 元々中学校で保健体育の教師をしていたが、「自分の指導に悩んでいたところがあった」と20年4月に自己啓発等休業の制度を使って駿河台大3年に編入。「生徒への接し方とかを学んでいくのは自分の今後のキャリアになるなと思った。5、6年社会に出て、ある程度学んだところでもう一度新しい学びをしてそれを第2のスタートにしたいなという気持ちで駿河台に編入した」という。

駿河台・今井 教師から31歳で箱根路「仲間に感謝」チーム内のぶつかり合いで学び

 来年1月の本戦では「(監督の)徳本さんに後ろで声をかけてもらいながら走れる。最後監督に感謝を伝える走りをしたい」と今井。“31歳の学生ランナー”が箱根路で躍動する。

駿河台・今井 教師から31歳で箱根路「仲間に感謝」チーム内のぶつかり合いで学び

徳本監督は法大時代に大活躍も、ラストイヤーに箱根2区途中棄権

 徳本監督の法政大学時代は98年から02年にかけて。明るい茶髪にサングラスがトレードマークだった。1年から活躍した“箱根のスター”だったが、優勝や快走が期待された4年時にはエース区間の2区で途中棄権という挫折も味わった。

駿河台大が歓喜の箱根駅伝初出場 徳本監督「この子たちのこの顔が見たかった」

 思い出深い箱根への凱旋を前に「僕が法政時代はいつも面白いことをしてやろうと思って、箱根駅伝に挑んできたので、その気持ちはまだ監督になっても変わっていないので、うちのチームのいいカラーを箱根でぶつけたいと思っています」と意気込んだ。

駿河台大が歓喜の箱根駅伝初出場 徳本監督「この子たちのこの顔が見たかった」
2002年1月3日デイリースポーツ紙面

 2002年1月2日、最後の箱根駅伝で悲劇に見舞われる。エース区間の2区に臨んだ徳本だったが、序盤5㌔過ぎに右足ふくらはぎに肉離れを発症。右足を引きずりながらの走りとなり、一気にペースダウン。後続に次々と抜き去られ最下位へと順位を落とす。徳本の前に立ちレースを止めようとした成田監督を振り切って、約2㌔右足を引きずりながら走行するも、7.3㌔地点で抱きかかえられ、途中棄権となった。

新着のまとめ

もっと見る

主要ニュース

リアルタイムランキング

まとめ記事ランキング