文字サイズ

ソフトボール新リーグ「JDリーグ」新庄Bボスと共闘だ「何かしたい」

 ソフトボールで来春開幕する新リーグ「JDリーグ」が7日、都内で会見を行い、島田利正チェアマンはプロ野球日本ハム監督の新庄剛志ビッグボス(49)と共闘する可能性を明かした。家具量販店のニトリとタイトルパートナー契約を締結し、大会名称は「ニトリJDリーグ」となる。開幕戦は3月28日にZOZOマリンスタジアムでビックカメラ高崎-トヨタ自動車の好カードで行われる。

 ソフトボール界に心強い助っ人が現れた。新庄ビッグボスだ。島田チェアマンは日本ハムの元球団代表で、新庄ビッグボスの現役時代はチーム統括本部長を務めていた。

 新リーグ発足にあたり、ビッグボスから「恩返しでソフトボールのために何かしたいんだけど」と直接連絡があったという。うれしそうに明かしたが「(フィーバーが)収まってからにしようかな。全部ビッグボスが持っていっちゃうので」と苦笑。開幕戦でのコラボはないとした。

 ただし、今回の会見では新しい試みに挑戦した。立候補した5選手が司会進行を担当。“前説”では松尾ほの華(日本精工)と安川裕美(伊予銀行)がお笑いコンビ「ミルクボーイ」ならぬ「ミルクガール」としてコントを披露し、会場を盛り上げた。

 これには「新庄ビッグボスも見ていたら褒めてもらえると思う」と島田チェアマン。「驚きや感動だけでなくJDリーグが大切にしている個性もお届けできたら」。ビッグボスに負けじとさまざまな取り組みで盛り上げていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス