文字サイズ

京産大が23季ぶり5度目の優勝 7戦全勝、関西大学ラグビー

 23年ぶりの優勝を決め、喜ぶ京産大フィフティーン
 京産大-関学大 後半、トライを決める京産大・船曳(左)=たけびしスタジアム京都
 京産大-関学大 後半、トライを決める京産大・堀田=たけびしスタジアム京都
3枚

 「関西大学ラグビー、京産大33-5関学大」(4日、たけびしスタジアム京都)

 京産大が関学大を33-5で下し、7戦全勝で23季ぶり5度目の優勝を果たした。

 京産大は、前半15分にゴール前の攻防からロック・フナキ・ソロモネ(1年)が中央へ先制トライ。ゴール成功で7-0とした。前半終了間際には、関学大が好機をつかみ、ゴール左隅にWTB加藤匠朗(2年)がトライ。7-5と京産大リードで試合を折り返した。

 京産大は、後半11分にスクラムからの展開でWTB船曳涼太(2年)がゴール中央へトライを決め、ゴール成功で14-5とした。同27分にもロック・アサエリ・ラウシ(3年)が自ら敵陣へ切り込み、ゴール前の密集から飛び込んでトライ。後半4トライ、計26点を上げて完勝した。

 昨季3位の京産大は、今季から元日本代表SOの広瀬佳司監督(48)が指揮を執った。昨季、大学日本一の天理大、今季開幕戦で天理大を破って勢いに乗っていた近大も下し、完全優勝を果たした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス