文字サイズ

村上茉愛が万感ラスト舞 14・066点で金 採点問い合わせで上方修正で“逆転”

 「体操・世界選手権」(24日、北九州市立総合体育館)

 種目別決勝2日目が行われ、女子床運動で東京五輪銅メダリストの村上茉愛(25)=日体ク=は、14・066点で金メダルを獲得した。村上は今大会を最後に現役を退く可能性を示しており、これが現役最後の演技となる可能性が高い。

 無観客だった東京五輪では来場できなかった母英子さんの前で、「今大会が最後になるかもしれない。体操人生20年のすべての思いをぶつけたい」と話していた通りの完全燃焼だった。冒頭、代名詞の大技シリバスを力強く成功させると、テクノ調の速い曲調に乗り、躍動的に技とダンスを繰り出していった。フィニッシュを決めると、伸ばした手をグッと握った。少しだけ目を覆い、涙をこらえて、笑顔で歓声に応えた。

 得点は当初、13・966点で2位と表示されたが、村上陣営の採点問い合わせが通り、難度を示すDスコアが修正。0・1点加点され、“逆転”した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス