文字サイズ

芦川うららが平均台67年ぶり金メダル!予選の“マトリックス”粘り実る 村上が銅

 「体操・世界選手権」(24日、北九州市立総合体育館)

 種目別決勝2日目が行われ、女子平均台で東京五輪6位入賞の芦川うらら(18)=静岡新聞SBS=が14・100点で金メダルを獲得した。同種目での金メダルは1954年の池田敬子以来、67年ぶりとなった。村上茉愛(25)=日体ク=が13・733点で銅メダルに輝いた。

 日本が誇る平均台のスペシャリストが、勲章を手にした。序盤から安定した技を繰り出し、最後の着地もピタリと決めた。

 6位通過だった予選の“ど根性”が実った。予選では演技後半のジャンプ後、大きくバランスを崩し、後ろにのけぞる体勢に。落下は不可避と思われたが、もう一度左足をあげてバランスを取り直してカムバック。その後は演技をまとめきり、なんとか決勝進出圏を決めていた。

 予選後は「自分でもあんなに耐えたのは初めて。やっている時は本当にびっくりしました。本当にヤバい、ヤバい、落ちるかもという感じでしたけど、練習ではないような力が出た」と話していた演技は世界的な反響を呼び、国際体操連盟の公式ツイッターは「芦川うららは後半に驚異的なセーブを見せた」と伝え、映画「マトリックス」の画像を張り付け、演技を称賛する海外ファンもいたほどの驚異の粘りが実った形となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス