文字サイズ

鍵山優真が首位発進 8月に右手骨挫傷「ループ以外をまとめたい」

 「フィギュアスケート・関東選手権」(1日、アクアリンクちば)

 男子SPが行われ、21年世界選手権銀メダリストの鍵山優真(18)=オリエンタルバイオ=は、94・51点で首位発進を決めた。冒頭の4回転サルコーは着氷が乱れ、お手つきとなったが、続く4回転-3回転のトーループ、最後のトリプルアクセルは鮮やかに成功。上々の滑りをみせた。

 8月に右手の骨挫傷を負った影響で調整が遅れていたが、不安を一掃。2日のフリーでは冒頭に4回転ループを実戦初投入する。「ループは調整が間に合ってない」としながら「ループ以外をまとめたい」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス