文字サイズ

水谷隼「選手に戻るのは絶対無理」前日Tリーグ出場も引退撤回は否定

自著の出版会見に出席した水谷隼
自著の出版会見に出席した水谷隼
2枚

 東京五輪卓球混合ダブルス金メダルの水谷隼(32)=木下グループ=が24日、自著「打ち返す力 最強のメンタルを手に入れろ」(講談社)の出版会見を東京・文京区の講談社で行った。五輪後に急きょ決まった企画だったものの約1カ月半で出版までこぎつけ、「間違いなく100点満点。自分の卓球の全てをさらけ出した。なかなか卓球選手の実情や裏話を語ることはないが、この本には今まで経験してきたことや道のりを包み隠さず書かせていただいた」と胸を張った。

 選手としては、目の不調もあり東京五輪後は現役引退を表明している。ただ、前日23日にはTリーグの試合にダブルスで出場を果たした。五輪後は練習していなかったが、チーム事情で当日朝に決まったもので、ぶっつけ本番で臨んだものの敗戦。「(五輪後は)一度も練習してないし、引退(の意向)に変わりはない。これから出る予定もない」と改めて明言し、「久しぶりに試合して、卓球ってめちゃくちゃ難しいなと。今から選手として戻るのは絶対に無理だなと思いました」と苦笑いした。

 今後については、自著ではビジネス挑戦への意欲にも言及している。大会後はテレビ番組に引っ張りだこで、今後も各種イベント出演を控えているというが、「今は金メダリストの需要として出させていただいているが、これからは一人の人間、水谷隼として勉強しながら、どういう立ち位置で露出していけばいいかをすごく考えている。色んな活動をして、それが卓球界の普及活動につながればいい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス