文字サイズ

内村航平「世界選手権につなぐ」シニア体操で有力選手ら会見

 体操の全日本シニア選手権に臨む男子の有力選手が22日、山形県酒田市国体記念体育館で記者会見し、種目別鉄棒に専念する内村航平(ジョイカル)は「世界選手権(10月・北九州市)に向けて、いい形でつなげられれば」と抱負を語った。

 予選落ちとなった東京五輪後は股関節など「関節という関節が全部痛い状態だった」と言う。

 五輪で団体総合銀メダルを獲得した萱和磨、谷川航(ともにセントラルスポーツ)や北園丈琉(徳洲会)も調整。2024年パリ五輪を見据え、技の難度を上げる萱は「パリへのスタートとなる大会。個人総合と団体総合で3連覇をしたい」と意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス