文字サイズ

朝青龍のおい・豊昇龍 大関正代を破り好発進

 「大相撲秋場所・初日」(12日、両国国技館)

 元横綱朝青龍のおいで東前頭筆頭の豊昇龍が大関正代を破る好発進を決めた。正代の当たりに土俵際まで下がったものの、うまく右まわしを取ってもろ差しに持ち込み、一気に前に出て寄り切った。

 会心の相撲に「初日に勝って始まってよかったと思う。体を上げずにまわしを取れてよかった」と満足顔。正代にはこれで3連勝と相性がいいが、「得意ではないですけど、集中してよかった」と意識はしていない。

 自己最高位で迎えた場所にも「あまり考えていない。一日一番大事にしていきたいと思っていますので」とプレッシャーは感じていない。2日目は自身初の結びで新横綱照ノ富士と対戦。「自分の相撲を取り切るように頑張ります」と言葉に力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス