文字サイズ

五輪断たれた道銀・吉村紗也香、涙でロコ称える「ロコさんがいたから強くなれた」

 「カーリング女子・北京五輪代表決定戦」(12日、稚内市みどりスポーツパーク)

 最終戦が行われ、18年平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレが、日本選手権女王の北海道銀行を8-6で下し、2連敗からの3連勝という大逆転で日本代表の座を手にした。12月の世界最終予選(オランダ、レーワルデン)に出場し、2大会連続の五輪出場を狙う。

 北海道銀行スキップ、吉村紗也香の願いは届かなかった。1点ビハインド。不利な先攻で迎えた最終第10エンド。吉村の最後のストーンでナンバー1、2を作り、逆転への可能性を残し、ロコ・ソラーレに重圧を掛けた。最後はドローショットを決められて終戦。それでも涙を流しながら「自分を信じ、仲間を信じて最後まで、自分達のやれることはやれた」と胸を張った。

 ライバルとして立ちはだかったロコ・ソラーレについて「精度が高かった」とたたえた。試合後にはロコ・ソラーレの本橋麻里代表理事に声を掛けられ、「『ライバルがいなかったら、私たちもここまで強くなれなかった』と言われて・・・。私たちもロコさんがいたから強くなれた。最後まで楽しくカーリングはできました」とうなずいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス