文字サイズ

山県亮太 “最速”の次は“最強”証明だ 3大会連続五輪へ「自分のレースできれば」

 東京五輪代表選考会を兼ねる陸上日本選手権(24日開幕、長居陸上競技場)を前に、有力選手たちが23日、オンラインで会見した。注目の男子100メートルで2大会連続五輪を狙う元日本記録保持者の桐生祥秀(25)=日本生命=は今月上旬に痛めた右アキレス腱が万全ではないことを告白。9秒95の日本記録を樹立した山県亮太(29)=セイコー、前日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(22)=タンブルウィードTC、多田修平(25)、小池祐貴(26)=ともに住友電工、ケンブリッジ飛鳥(28)=ナイキ=が3枚の切符を争う。

 “日本最速”の次は、“日本最強”を証明する。9秒95の日本記録から2週間。3大会連続の五輪切符を狙う山県は「この1発勝負ですべてが決まる。すごい緊張感を持っている。五輪選考の上でチャレンジャーということに変わりはない」と、腕ぶした。

 日本記録を樹立した布勢スプリント直後は、疲労も口にしていたが「確かにいつもより回復に時間はかかったけど、その後は予定通り、イメージ通りの練習ができた」と、順調に調整してきた。悲願の9秒台に満足せず、「布勢でもスタートからの2次加速が課題だった。もっといい走りができるという気持ちで突き詰めてきた」。今大会における“本命”は、「勝負の分かれ目は自分のレースができるかどうか。それができれば大丈夫」と、自信を漂わせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス