文字サイズ

水谷隼 5位も五輪へ自信「リオ後で一番良い状態」本番へ課題の修正誓う

 「卓球・アジア選手権代表選考会」(20日、旭市総合体育館)

 9月のアジア選手権(ドーハ)の代表選考会として行われた。東京五輪代表の水谷隼(32)=木下グループ=は、準々決勝で19歳の戸上隼輔(明大)に1-3で敗れたが、その後の順位決定戦で2連勝し、5位となった。アジア選手権代表は、優勝の木造勇人(愛知工大)、準優勝の戸上、松村雄斗(東京アート)、篠塚大登(愛工大名電高)、張本智和(木下グループ)に決定した。

 5位に終わっても、水谷の表情に曇りはなかった。五輪1カ月前に2日間で6戦5勝。数少ない実戦の機会を生かし、「まずまずの結果」とうなずいた。

 順調な仕上がりを確認した一方で、課題も見えた。準々決勝は「今若手で一番勢いがある」戸上との対戦。朝食も喉を通らないほど緊張し、「五輪本番はもっとリラックスする」と修正を誓った。

 16年リオ五輪の男子シングルスで銅メダルを獲得してから5年。32歳のベテランは「リオ後で一番良い状態」と自信を見せる。五輪の目標は「団体戦のメダル」と「混合ダブルスの金メダル」。無観客開催となる可能性もあるが、「地元日本で観客が来てくれればほとんどが味方になる。選手としてはたくさんの観客の前でプレーしたい」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス