文字サイズ

フェンシング・武井壮氏が新会長 太田会長熱烈オファーで“百獣の王”異例の抜てき!

 日本フェンシング協会は19日、オンラインで新体制発表会見を行い、五輪メダリストで17年から組織改革、競技普及などに尽力してきた太田雄貴会長(35)が退任し、新会長に陸上の十種競技元日本王者でタレントの武井壮氏(48)が就任すると発表した。新理事にはフェンシング元日本代表でトランスジェンダーの杉山文野氏、アルペンスキー元日本代表の皆川賢太郎氏らが選任。20人中12人が新任と、大幅な体制改革となった。

 “百獣の王”を目指す武井氏が、新たなフィールドに進出した。フェンシングは未経験だが、スポーツに対する思いや考え方、さまざまなメディアで活躍する発信力を買われた異例の抜てき。「すごく重みを感じている。一人のアイデアマンとして、フェンシングが日本国内の誰もが知るようになるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

 要請当初は「選手の人生を多少なりとも変えてしまう可能性がある役職を簡単に受けることはできないと、何度かお返しさせていただいた」という。それでも太田会長からの熱意あるオファーに「このあとも(太田氏には)私の脇にいていただいて、助言をいただきながら一緒に歩を進めてくれるなら」と引き受けた。

 新会長選考について、太田会長は「ビジョンを掲げられる人」と「選手に響く言葉を伝えてくれる人」を基準にしたと説明。その上で「選手たちを引っ張る言葉を持っている人。この人しかいないと思った」と武井氏に白羽の矢が立った。

 今後のビジョンとしては「これまで通り太田会長が進めてきた改革は同じような方向性で進めていきたい」と武井氏。「自分の人生が豊かになるという希望を持って、フェンシング界に歩みを進めてくれる方がたくさん増えてくれるフェンシング界を築いていく一歩を踏み出せるように努力していきたい」。新会長の雄たけびと同時に、新たなフェンシング界の幕が開ける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス