文字サイズ

橋本聖子会長 尾身提言に“検討済み”の強調「これまでも熟慮重ねてきた内容」

 冒頭であいさつする大会組織委員会の橋本聖子会長(代表撮影)
 東京五輪・パラリンピック組織委の新型コロナウイルス対策専門家会議であいさつする橋本聖子会長(代表撮影)
2枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)と武藤敏郎事務総長(77)が18日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志による大会開催のリスクに関する提言を受けて、都内で会見した。

 尾身提言では「無観客が最も感染リスクが少なく望ましい」とされたが、橋本会長は「無観客が最も望ましいとされたが、一方で収容する場合、考慮すべき点をお示しいただいた。これまでも我々が熟慮を重ねてきた内容とかみ合っている。共通認識のもとにたった提言をいただいた」と、すでに検討してきた内容であることを強調した。

 これまで取り組んで来た関係者の削減、医療体制の整備、ワクチン接種の取り組みや、組織委のコロナ対策専門家会議での人流シミュレーションなどの数字を用いて事実上反論。「安全安心に開催できるエビデンスが揃ってきた」、「開催による過度な人流増加の指摘もあるが、実際には大会による人流は夏休み期間で減少する通学者の人流よりも少ない」と観客による人流は限定的であることを主張し、有観客に向けた強い意思を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス