文字サイズ

橋本聖子会長 観客上限は「政府方針が基本」1万人か…尾身提言は「無観客望ましい」も

 東京五輪・パラリンピック組織委の新型コロナウイルス対策専門家会議であいさつする橋本聖子会長(代表撮影)
 東京五輪・パラリンピック組織委の新型コロナウイルス対策専門家会議であいさつする橋本聖子会長=18日午前、東京都中央区(代表撮影)
2枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、都内で新型コロナウイルス対策についての専門家会議の第4回会合を開催した。決定間近となっている観客上限について、橋本聖子会長は冒頭挨拶で「政府の方針のもとで運営することが基本」と、述べた。政府は大規模イベントについて、1万人を上限とする方針を示している。

 この日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志は、「無観客開催は、会場内の感染拡大リスクが最も低いので、望ましい開催方法である」と、提言したが、橋本会長は「提言を踏まえ、どのように安心安全を実現できるか、専門家の知見を交え議論したい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス