文字サイズ

現役引退の“ひねり王子”白井健三 6つの「シライ」で体操界に革命

現役引退会見でさわやかな笑顔を見せる白井健三=神奈川・日体大 横浜・健志台キャンパス(撮影・開出牧)
会見場に登場し一礼する白井健三=神奈川・日体大 横浜・健志台キャンパス(撮影・開出牧)
体操部同期からサプライズの花束贈呈に感激の白井健三(右から2人目)=神奈川・日体大 横浜・健志台キャンパス(撮影・開出牧)
3枚

 体操男子の16年リオデジャネイロ五輪団体金メダルメンバーで、種目別ゆかで3度世界王者に輝いた白井健三(24)=日体大教員=が16日、横浜市の日体大健志台キャンパスで記者会見を行い、現役引退を表明した。リオ五輪で日本男子史上最年少金メダルを獲得した“ひねり王子”が、団体メンバー5人の中で最も早く競技を退く決断を下した。

 白井は圧倒的な高難度技を武器に、ゆかと跳馬を中心に頭角を現し、高校2年生で初出場した13年世界選手権の種目別ゆかで金メダルを獲得。17歳1カ月での金メダルは日本男子最年少記録だった。その後もゆかは15年、17年大会と3度優勝。17年は跳馬との種目別2冠だった。五輪では16年リオデジャネイロ五輪に出場。04年アテネ五輪以来12年ぶりとなる団体金メダルに貢献し、日本男子史上最年少での金メダルを獲得した。ゆかでは4位に終わったが、跳馬では銅メダルを獲得した。

 ひねり技を得意とし、内村航平が「ひねり過ぎて気持ちが悪い」と評し、“ひねり王子”の愛称がついた。13年の世界選手権で認定されたゆかの「シライ/ニュエン(後方伸身宙返り4回ひねり)」を皮切りに、自身の名のつく技「シライ」をゆかで3つ、跳馬で3つ認定されるなど、高難度化された厳しい時代の中で革命的な技を作り出し、日本のみならず世界の体操界で一時代を築いた。

 ◆シライの名がつく技

 ▽ゆか

 シライ/ニュエン(後方伸身宙返り4回ひねり)

 シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)

 シライ3(伸身リジョンソン)

 ▽跳馬

 シライ/キムヒフン(伸身ユルチェンコ跳び3回ひねり)

 シライ2(伸身ユルチェンコ跳び3回半ひねり)

 シライ3(シェルボ2回ひねり)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス