文字サイズ

白鵬「進退という言葉の意味を理解できるようになりました」 右膝手術後、初の取材対応

新しい綱を締める白鵬(代表撮影)
新しい綱を締める横綱白鵬(代表撮影)
綱が打たれる様子を見守る横綱・白鵬(右手前)=代表撮影
3枚

 大相撲の横綱白鵬(36)=宮城野=が12日、都内の部屋で土俵入りの際の綱を新調する「綱打ち」に参加した。若い衆の「ひいふのみ、それイチ、ニ、サン!」の掛け声に合わせて自身も太鼓を叩いた。

 大銀杏を結い、久々の綱の締め心地に「この綱打ちをやる度に引き締まりますよね。今日もそんな感じでしたけどね」と語った。大銀杏姿に「まあちょっと本場所を意識してやりましたけど」と、進退を懸ける名古屋場所(7月4日初日、ドルフィンズアリーナ)を、イメージした。

 3月の春場所を3日目から途中休場し、右膝を手術。先場所を全休し6場所連続休場した。名古屋で進退を懸ける意向を示した。横綱審議委員会(横審)から史上初の「注意」決議を受けており、再起できなければ、引退は不可避だ。

 右膝手術後、取材に応じるの初めて。回復に関し「もう相撲を取る稽古もできていますし、状態は良くなってます」とキッパリ。今週から徐々に相撲を取る稽古も始めている。

 手術の決断に迷いはなかった。「やっぱり名古屋場所、秋場所、その先も頑張るという気持ちで、やっぱり早い段階でカラダを治して頑張りたいという気持ちで手術しました」と言う。

 「進退」の意味に関し、こう考える。「始めは最後の場所という意味なのかと思っていたけど、その後この進退という言葉の意味を理解できるようになりましたね。やっぱりこう、進むのか、退くのか止まるのか、というね。そういう意味があることが分かったので。とにかく今はやることをやって、頑張りたいと思います」

 「進む」道をいくか?との問いに「はい。そうですね」と、力を込めた。

 1年4カ月ぶり地方場所となる名古屋。「白星がいい薬になると思いますし、1日1日大切にしていきたいし、また15日間同じお客さんが来るわけでもないし、来たお客さんにいい相撲を見せられるように頑張ります」と意気込んだ。

 名古屋では照ノ富士(伊勢ケ浜親)が綱とりに挑む。終盤で対戦が予想される。「今一番勢いがあるんじゃないですかね。安定感で言えば高安かなと思いますけど。まあ今、数場所連続で優勝していますからね。一番力があると思いますけどね。まあ本当に対戦するのは何年ぶりか分かりませんけど頑張りたいと思います」と、壁になるつもりだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス