文字サイズ

パラ開幕100日前に17年ぶり世界新! 陸上・唐沢剣也「去年から狙っていた」

 「陸上・東日本実業団選手権」(16日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

 男子5000メートル(視覚障害T11)が行われ、東京パラリンピック代表の唐沢剣也(26)=群馬県社会福祉事業団=が世界記録を17年ぶりに1秒13更新する15分9秒94で優勝した。

 残り2周、得意のラストスパートで激走した。「世界記録は去年からずっと狙っていたけど、なかなか切れなかった。伴走者さんのおかげです」と感慨深げに話した。

 東京パラリンピック開幕までちょうど100日。節目の日の世界記録樹立に「他の選手にプレッシャーを与えられることができるのが大きい」と喜ぶ。今後は「今回の記録に満足せず、14分台を目指したい」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス