文字サイズ

隠岐の海「言葉出ない」 響龍さん死去にショックあらわ

 4月28日に亡くなった三段目の響龍さん(本名・天野光稀、境川部屋)について1日、八角部屋の幕内隠岐の海(35)、北勝富士(28)が稽古後の電話取材でショックをあらわにした。響龍さんは春場所の取組で頭部から落下。1カ月以上、闘病し、急性呼吸不全のため、28歳の若さで帰らぬ人となった。

 隠岐の海は「お父さんお母さんのことを考えると言葉が出ない。つらいと思いますよ、対戦相手の子も。自分らだってきついから」と、言葉に詰まった。

 響龍さんと同い年の北勝富士は「ショックです。病気とか、コロナとかじゃなく相撲で…。打ち所が悪かったら死にもつながる」と、怖さを再認識した。

 部屋でも師匠で理事長の八角親方(元横綱北勝海)から弟子らに「それだけ危ないことをやっている。気を引き締めてやらないとだめだ」と訓示があった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス