文字サイズ

レスリング高橋侑希「夢みたい」奇跡の五輪チャンス復活…世界最終予選へ自信

 レスリング男子フリースタイル57キロ級で、東京五輪世界最終予選(5月6~9日、ブルガリア・ソフィア)への出場が決まった17年世界王者の高橋侑希(27)=山梨学院大職=が21日、オンラインで取材に応じ、「調整をしっかりすれば勝てる位置にいる」と上位2位の五輪出場枠獲得に自信をのぞかせた。今月のアジア予選で樋口黎(ミキハウス)が計量失格になったことで千載一遇のチャンスが到来。「夢みたいな感じ」と希望に満ちた表情で語った。

 一度は途絶えた東京五輪への道が奇跡的に復活した。19年世界選手権に出場したものの出場枠を逸し、さらに、同年12月の全日本選手権決勝で樋口に敗れ、自力での五輪出場は消滅。アジア予選での樋口の結果を待つ立場となった。さらに、新型コロナウイルス感染拡大で東京五輪が1年延期。モチベーションを保てないまま1年以上の月日を過ごしたが、「可能性はゼロとは言われていなかったので、最後まで諦めずにやっていました」とわずかなチャンスを信じて練習を続けていたという。

 そのチャンスが訪れた。今月11日のアジア予選で樋口が50グラムの体重オーバーで計量失格。1カ月後の世界予選までは時間がないこともあり、元世界王者の高橋に白羽の矢が立った。急な抜てきとなったが、高橋としては“ばっちこい”。「僕が(世界最終予選に)行けるかもしれないと準備していたので、不安はゼロです」と拳を握った。

 五輪代表選考のルール上、高橋が五輪出場枠を獲得した場合、樋口との代表決定プレーオフを行うことになっている。「仕方ないと割り切っている。世界予選で勝たないとプレーオフはないので、今は世界予選のことしか考えていない」と闘志を燃やした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス