文字サイズ

内村航平 さすがの離れ技!4大会連続五輪へ鉄棒“一本勝負”上々のスタート

 鉄棒で華麗な演技を見せ安堵の表情を浮かべる内村航平(代表撮影)
 演技をする内村航平(代表撮影)
2枚

 「体操・全日本選手権」(16日、高崎アリーナ)

 東京五輪代表選考会を兼ねて行われ、鉄棒に絞って4大会連続の五輪出場を狙い、種目別トライアウトに登場した内村航平(32)=ジョイカル=は、すべての離れ技を成功させ、15・166点で1位となり、18日の決勝に進出。五輪に向けた“第一関門”を突破した。

 体操男子史上2人目の4大会連続五輪へ、夏の英雄が上々のスタートを切った。冒頭からH難度ブレトシュナイダー、カッシーナ、コールマンと成功。やや肘が曲がる場面や着地で左足が一歩下がるなどの細かなミスはあったが、日本協会が作成した暫定の世界ランキング得点の1位得点(14・933点)を0・2点上回り、最高の40ポイント獲得が見込まれるスコアをマークした。

 演技後はホッとした様子でお腹をさすり「練習の時に危ないかなと思ったが、やってみると普段通り離れ技もできた。目標の15・133点をギリギリ超えることができたし、予選としては上出来」と振り返った。

 昨季から鉄棒に絞って五輪出場を目指す内村にとっては、スペシャリストとして初の五輪選考会。夢舞台への道のりは綱渡りが続く。この全日本の予選、決勝、5月のNHK杯、6月全日本種目別の予選、決勝でハイレベルな演技をそろえる必要がある。予選突破で、全日本決勝、NHK杯への進出を決め、5演技できる権利は確保したが、気は抜けない。

 この日、ライバルになるとみられる跳馬の米倉英信(徳洲会)、床の南一輝(仙台大)も世界ランク1位を超える得点をマーク。6月までギリギリの戦いが続くとみられる。

 それでも百戦錬磨の男は泰然自若だ。「五輪に向けて特別な感情はない。見ている人は冷や冷やしたかもしれないけど。いつもどおり特に考えず、やることをやれば結果はついてくる」。夏、自分がその舞台に立つことに、微塵も疑いはない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス