文字サイズ

「やまゆり園」での採火中止要請殺傷被害者家族ら、相模原市に

 東京パラリンピックの聖火リレーの採火を、入所者ら45人が殺傷された相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で行うことに反対する被害者家族らが13日、市に採火の中止を申し入れた。

 申し入れたのは事件で長男一矢さん(48)が重傷を負った尾野剛志さん(77)ら。尾野さんは市内で担当者に中止を求める文書を手渡し、「被害者家族の気持ちを考えたらあの場所でできないはずだ」と訴えた。

 尾野さんは「遺族や施設利用者の気持ちを差し置いて決めたことに憤っている」と批判。担当者は会場変更の可能性については「可能な限り理解を得られる方法で進めたい」と明言を避けた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス