文字サイズ

福島出身、元日本代表の大野氏、今後も被災者支援「ラグビー通じて元気を」

 ラグビー・トップリーグ(TL)東芝の普及担当を務める元日本代表ロック大野均氏(42)が8日、東京都府中市の特別支援学校・東京都立府中けやきの森学園にラグビーボール15個を寄贈した。贈呈式では代表生徒2人にボールを手渡した。

 福島県郡山市出身の大野氏。東日本大震災で被災した地元について「復興も進んでいると思われるが、まだまだ支援が必要な人はたくさんいる」と厳しい現状を訴えた。だからこそ、「そういう人たちに対して思いをはせながら、ラグビーを通じて元気を届けたい」と故郷にも普及活動を広げる意欲を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス