文字サイズ

小池都知事「5者協議ができてよかった」 海外観客3月中、観客規模は4月中に決定へ

5者協議で、あいさつする大会組織委の橋本会長(中央)。右は丸川五輪相。モニター画面はリモートで参加した(左から)東京都の小池百合子知事、IOCのバッハ会長、IPCのパーソンズ会長=3日午後、東京都中央区(代表撮影)
記者の取材に応じる東京都の小池百合子知事=3日夜、東京都庁
記者の取材に応じる東京都の小池百合子知事=3日夜、東京都庁
3枚

 東京都の小池百合子知事(68)は3日、東京五輪・パラリンピックの開催に向けた5者協議を終え、報道陣の取材に応じ「海外からの観客については3月中、観客の規模については4月中に決めていく必要があるという認識が示された」と見通しを語った。

 小池知事と東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長、政府の丸川珠代五輪相、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長による5者協議が行われ、大会へ向けた認識を共有。小池知事は「5者協議ができてよかった」といい「やはり安全安心である大会、そのためにもコロナ対策をしっかり、というのが2つの大きな課題」とした。

 また「時間は限られている。決めるべきは、適切な時期に決めていくという話しで、意識を共有したところ。いずれにしてもIOC、IPC、日本側3者、しっかりと連携して進めていく」とも述べた。

 なお、海外からの観客受け入れの見送りの可能性については「今日のやりとりではそういうことはなかった」と、決定時期の共有のみがされたとした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス