文字サイズ

IOCバッハ会長 5者協議の顔ぶれ変わり小池都知事に「我々はサバイバーですね」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)、東京都の小池百合子知事(68)、政府の丸川珠代五輪相(50)、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長(44)による東京大会についての5者協議が3日、始まった。

 冒頭あいさつで、バッハ会長は、新たに就任した橋本会長、丸川五輪相に祝辞を述べた。また、組織委の森喜朗前会長が女性蔑視発言で辞任。橋本、丸川両氏が新任となったことで、“古株”はバッハ会長と小池知事となったことを受けて、小池知事には「我々は2人だけサバイバーですね」と、冗談っぽく話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス