文字サイズ

鶴竜が春場所出場を明言「出ますよ」腰は「大丈夫だと思います」4場所連続休場中

実戦稽古を重ねる鶴竜(日本相撲協会提供)
霧馬山と相撲を取る鶴竜(右)=日本相撲協会提供
霧馬山の前ミツを取る鶴竜(右)=日本相撲協会提供
3枚

 「大相撲春場所」(14日初日、両国国技館)

 4場所連続休場から再起を期す横綱鶴竜(35)=陸奥=が3日、春場所に関し「それはもう出ますよ」と出場を明言した。この日は都内の部屋で弟弟子の幕内霧馬山と連日の三番稽古(同じ相手と続けて何番も取る)を行い、約15番取った。

 昨年11月場所後、横綱審議委員会から史上初の「注意」決議を受けた。だが先場所も持病の腰痛で全休。今場所は進退を懸けて、退路を断ち臨む。

 「ただいつもの場所と変わらずに。準備して取るだけかなと思います。特別変える必要はないと思います」と自然体。相撲勘に不安があるが「いざ始まってみないと分からないかもしれないけど。でも、もう、そこ気にしてもしょうがないだろう、という感じなので」と、腹はくくった。

 腰の不安も今は感じない。「大丈夫だと思います。何の影響もないし、しっかりケアしながらやっていけば大丈夫かなと思います」と、力を込めた。

 2月にはコロナ禍で初めてジムでのトレーニングも敢行。感染予防のため、ほぼ、貸し切り状態にして、勝負の体を作った。

 腰の状態も回復し、2月20日からは合同稽古にも参加。小結御嶽海(出羽海)と実戦稽古し、関取衆相手に胸を出した。通常の稽古を重ね、初日を目指す調整ができている。

 「まあ久しぶりの稽古もしているから。ちゃんと、何ていうんすかね。いいなって言う感じはありますよ。もどかしさもなくちゃんと稽古もできているし。体もしっかり動いてくるなあという感じがある。ちゃんと準備ができているというか、体が動かしている、動いているという感覚があるので」と復活への手応えはある。

 春場所は2回優勝し、2014年は横綱昇進も決めた。「悪いイメージはないですね。はい。あとは本当もうやるだけですよね。準備をしっかりして。自分の相撲にちゃんと集中できるか。それだけです」と力強い。

 心配は長引く風邪。合同稽古中も含めて3週間、せきが続く。「いまだにちょっとこういう感じで咳が出ている。一応、もう薬をもらって飲んでいるんですけどね、なかなか完璧に治らなくて。昨年も今の時期に同じように咳が出ている感じがあるんで」と、電話取材中もゴホゴホ。

 もちろんPCR検査も受けて新型コロナウイルスは陰性。花粉症でもないという。「咳が出て少し鼻づまりなんかもあったんですけど、そういうのもだんだん良くなってきたんですけど、まだ完璧には治ってない感じですね」と、万全にして初日を迎えたいところ。

 3月11日で東日本大震災から10年を迎える。番付最高位としても被災地の復興を願う。「現役のお相撲さんはいい相撲を取って少しでも見ているお客さんに感動と勇気、そういうものを与えられれば、それが一番良かったと思えるので。そういう相撲が取れるようにしたいなと思います。苦しい生活送っている人は大変だと思うので。この間もまたでかい地震が福島でありましたから。久しぶりにびっくりした。福島は相当だったと思う。あとでニュースとかで見たけど。あの時より(揺れが)ひどかったという人もいたんですよね、福島で住んでる方で」と思いやった。

 「綱打ち」を2月28日に行い、横綱土俵入りの際に使用する新しい綱も作った。「久しぶりに土俵に行ってそういう行事も済ませていくと気持ちも前向きになりますし、良かったですよ」と、出陣へ準備は万端だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス