文字サイズ

阿炎は西幕下56枚目で復帰へ 引退届は協会預かり

 日本相撲協会は1日、春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)の番付を発表した。

 昨年7月場所後、3場所出場停止処分を受けた元小結の阿炎(錣山)は西幕下56枚目で復帰となる。新型コロナウイルス禍の中、同場所前、場所中と複数回、「夜の店」通いが発覚。提出した引退届は協会預かりで、次にまた問題行動があれば受理される措置となっている。

 元関脇のベテラン、勢(伊勢ノ海)は東幕下筆頭に降下。55場所維持した関取の座を明け渡し、2011年秋場所以来、幕下となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス