文字サイズ

予選7位の松元克央 1レーンから頂点に!2位以下に大差も終盤失速「これが実力」

 「競泳・日本選手権」(4日、東京アクアティクスセンター)

 東京五輪会場で行われ、男子200メートル自由形は19年世界選手権銀メダルの松元克央(23)=セントラルスポーツ=が1分46秒10で大会3連覇を果たした。

 予選7位と出遅れた松元が1レーンから頂点をつかんだ。東京五輪の決勝を想像し「得意の追い上げで1番になるのをイメージしていた」が、実際は150メートルまで日本記録ペースも終盤に失速。2位以下には大差をつけたが「これが実力。冬の強化期間で強くなれると思う」と話した。「日本では負けられない、プライドを持って臨んだ」といい、大会3連覇に「3連カツオです」と笑った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス