文字サイズ

鍵山優真がGP初出場初V SPに続きフリーも1位!17歳が圧巻の舞い

 男子フリーでジャンプする鍵山優真(代表撮影)
3枚

 「フィギュアスケート・NHK杯」(28日、東和薬品ラクタブドーム)

 各種目のフリーが行われ、男子はシニア1年目の鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=が2種類の4回転を計3度決め、前日のSPに続いて1位の188・61点をマーク。合計275・87点でGPシリーズ初出場優勝を果たした。

 輝きを放つ新たな才能へ温かな拍手が注ぐ。驚いたような表情を浮かべながら、鍵山ははにかむ笑顔で声援に応え「素直にうれしい」と勝利を喜んだ。

 SP首位でシニア1年目の鍵山は、2種3本の4回転を成功。演技後半の連続ジャンプでミスが出たが、非公認ながらフリー、合計ともに世界5位相当の高得点をマークした。2位に49・25点の大差をつけ、GPデビュー戦にして初制覇を達成。今季は変則開催ながら、17歳6カ月で、NHK杯史上“日本男子最年少優勝”を果たした。

 フリーはシーズン当初別のプログラムを用意していたが、一度変更。さらに22年北京五輪へ「勝ちにいくための新たな挑戦」として、10月に「アバター」への再変更を決断した。シーズン中に2度の変更は異例。お披露目の東日本選手権では計4度転倒し「甘えがあった」と号泣した。

 雪辱の舞台へ「滑り込みを中心に練習してきた」と鍵山。演技前には元五輪選手でコーチの父・正和さんに「常にチャレンジャーだ。思い切りやってこい」と声を掛けられた。

 助言を胸に、冒頭の4回転サルコーでは出来栄え点(GOE)で4・07点の加点を獲得。「思い切りできた」と胸を張った。表彰台では「どっちが裏か表か分からなくて…」とメダルを見つめ「優勝できたんだと、実感がわいてきた」。正和さんのNHK杯最高順位は4位。「リベンジ…果たせたんじゃないかな」と笑った。

 見据えるのは世界の頂点。全日本選手権(12月24日開幕、長野)には羽生、宇野の“2強”もエントリーしている。「将来五輪に出てトップで戦うためには、全日本でもトップにならないといけない。課題はたくさんあるけど、練習して対等に戦えるように頑張りたい」。19年は“2強”に次ぐ3位。胸を借りながらも、フレッシュなきらめきで暴れ回る。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス