文字サイズ

大相撲11月場所は「観客、席数を増やす予定」19日に理事会開催へ

 日本相撲協会は15日、11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)の開催に関する理事会を19日に行うことを発表した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)が「観客、席数を増やす予定でいるので、それに対する対策を発表させていただく」と説明。新型コロナウイルス感染予防のため7月、秋場所と観客を2500人に制限して開催したが、11月場所は増員することになる。

 また、この日、秋場所前に全力士が受けた抗体検査の結果をもとに八角理事長(元横綱北勝海)ら協会理事らが感染症の専門家から説明を受けた。芝田山部長によれば今回は「個人情報」を理由に陽性者数などのデータは公表されなかった。

 同部長は「感染症の先生から抗体検査の結果をもとにしてどういうことが分かるのか、それに対してどういう対策を立てるのかという話だった」と説明された内容を明かした。

 秋場所前に集団感染が起きた玉ノ井部屋の症例も今後の感染予防へは重要。同部長は「発熱症状は大事だけど、発熱だけじゃない、発熱する前の症状がある。倦怠(けんたい)感だとかノドが痛いとか、そういう状況が(玉ノ井部屋でも)あった。早いうちに検査をして是か非かを見極めることが大きく感染をさせないことになる」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス