文字サイズ

相撲協会が合同稽古開催を発表 参加力士は2度PCR検査を受検

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は9日、電話取材に応じ、16~22日、東京・両国国技館内の相撲教習所で合同稽古を行うことを発表した。関取約10人、幕下10人以上が参加予定。新型コロナウイルスの影響で3月の春場所前を最後に禁止されていた出稽古が7カ月ぶり解禁される。

 当初は秋場所後、1週間の休みを終えた5日から2週間の予定だったが、参加者の取りまとめなどで日程が遅れ、期間も1週間と短縮された。参加力士は2度PCR検査を受け、感染予防を徹底して合同稽古を行う。

 また8日には八角理事長(元横綱北勝海)から各部屋に22日までの感染予防のための新たな行動指針が通達された。秋場所後2週間の指針以上に行動を制限しており芝田山部長は「(厳しさを)引き上げている。後援者との会食は推奨しないけど、やむをえない場合は師匠の判断」などと説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス