文字サイズ

正代の恩師 東農大・安井監督は「元気のあふれる相撲を取っていってもらいたい」

 正代が30日、新大関に昇進し、東農大の後輩で部屋の弟弟子、幕内豊山も大いに刺激を受けた。「正代関が大関に上がったから頑張ろうではなく、自分としてもこれからもしっかり頑張っていきたいです。道しるべをつくってくれたと思うので稽古をしていくだけ。部屋としては大関が出てくれてさらに活気づくと思う。けがは順調に回復しています。徐々に稽古をやっていきたいです」と話した。

 東農大相撲部の恩師、安井和男監督は「大学としてもうれしい限りです。今場所が元気のいい相撲だった。今はまだ自分のことで精いっぱいだと思うけど、これまで通り元気のあふれる相撲を取っていってもらいたい。負けることを怖がらず、はつらつと取っていってもらいたい」とコメントした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス