文字サイズ

メドベージェワ 新SP「仮面舞踏会」披露も精彩欠く 世代交代に抗えるか…

 「フィギュアスケート・ロシア・テストスケート」(12日、モスクワ)

 ロシアのシニア強化選手による演技披露会が行われた。この日はショートプログラム(SP)が演じられた。

 圧倒的な層を誇る女子では平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(20)は、腹筋をのぞかせるセパレートの練習着で演技。今季のSPは「仮面舞踏会」。冒頭の3回転ループ-3回転トーループの連続ジャンプ、続くダブルアクセルはなんとか着氷も、最後の3回転ルッツはステップアウト。14歳のワリエワや、国内女王のシェルバコワがいきなりの好演技をみせた中、精彩を欠く内容となった。

 昨年はコストルナヤ、シェルバコワ、トルソワがGPなどを席巻。新世代が一気に台頭してきた中で、元世界女王は苦境に立たされている。正念場の北京五輪プレシーズン。世代交代に抗えるか。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス