文字サイズ

箱根駅伝予選会、無観客で10月17日に開催 感染対策で市街地は走らず

 東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)を主催する関東学生陸上競技連盟は11日、第97回大会の予選会を10月17日に陸上自衛隊立川駐屯地内周回コースで開催すると発表した。

 例年は陸上自衛隊立川駐屯地からスタートし、市街地を通ってゴールの国営昭和記念公園を目指すが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年の予選会は陸上自衛隊立川駐屯地を周回して行う。距離は例年通りハーフマラソンで、記録は非公認となる。

 大学関係者と競技運営関係者のみで実施し、一般観客への解放は行わない。関東学生陸上競技連盟は「今後の社会情勢の変化や有事が発生した際には、会場の変更や大会が中止となる可能性もございます」と説明した。

 大学駅伝界では、大学三大駅伝の一つで10月11日に開催予定だった出雲全日本大学選抜駅伝が、ボランティアの確保が難しいことなどを理由に中止を発表している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス