文字サイズ

体操・北園丈琉が跳馬の高難度技・ロペス着地「もう少しでしっくりくる」

 合同試技会で鉄棒に挑む北園丈琉=大坂・清風高
3枚

 体操男子で来夏の東京五輪出場を目指す北園丈琉(17)=大阪・清風高=が10日、大阪市内の同高で開かれた社会人クラブ・徳州会との合同試技会に参加し、跳馬で高難度のロペスを着地した。同校と同クラブが合同試技会を公開するのは初となる。

 2018年ユース五輪で5冠に輝き、内村航平(リンガーハット)も評価する北園が、習得を目指す大技・ロペスを披露した。着地は乱れたものの「今日の感じは結構良くて、もう少しでしっくりくるところまで来ている」と手応え十分。一方で「出る力がコントールできてない」と課題も語った。

 この日は6種目を終え、85・05点だった。コロナ禍で約2カ月器具を使用した練習ができていなかっただけに、同高の梅本英貴監督は「質の向上は必要だけど、今の位置づけで言えば満点に近い内容」とうなずく。来年4月からの所属先となる同クラブの米田功監督も「体操界だけでなく、スポーツ界を引っ張る日本の希望になる選手になってほしい」と期待を寄せていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス