文字サイズ

陸上・山県亮太「世界が平和じゃないと、五輪開催できない」 じん帯断裂は順調に回復

 陸上男子短距離の山県亮太(28)=セイコー=が28日、オンラインで取材に応じた。来夏に延期となった東京五輪については「多少なりとも気持ちの落ち込みはあった」と振り返りながらも「世界が平和じゃないと、五輪は開催できない。仕方ない」と受け止めた。

 昨年11月に右足首のじん帯を断裂するアクシデントもあったが、現在は順調に回復。肉体改造を行い、体脂肪率は5%にまで絞った。前傾姿勢を保つ、新フォームにも取り組んでいる。今季の最大目標は10月の日本選手権(新潟)。「100メートルの理解を深めていきたい」と、力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス