文字サイズ

東レ・パンパシフィック・オープンが史上初の中止 コロナ禍で「苦渋の結論」

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンの実行委員会は28日、11月に予定していた今年の大会を中止することを発表した。新型コロナウイルス感染の国内外での広がりを受け、WTAと協議し、決定した。

 大会開催に向けて、無観客や入場制限などでの開催も検討したが、秋以降に第二波などへの懸念もあることから「中止せざるを得ないとの苦渋の結論に至りました」と、説明した。

 大会が中止となるのは、1984年にスタートして以来、大会が中止となるのは初めて。大阪で開催された昨年大会は大坂なおみ(日清食品)が初優勝を飾った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス