文字サイズ

ラグビー7人制・藤田、五輪延期に「1年多く成長できる時間をもらえた」

 東京五輪でメダル獲得を目指すラグビー7人制男子の日本代表候補、藤田慶和(26)=パナソニック=が16日、東京都内で行われた練習後にオンライン取材に応じた。

 藤田は3月の五輪延期決定後は京都市の実家で過ごし、近所の坂道を早朝や夜に走るなどのトレーニングで過ごしたという。延期については「1年多く成長できる時間をもらえた」と前向きだ。

 男子代表は来季、ワールドシリーズの上位グループに復帰する。五輪までには約10大会が予定されるが、新型コロナの状況次第で各大会の開催はおろか、五輪開催も流動的だ。藤田は「試合がどうなろうが、オリンピックがあろうがなかろうが、僕らは世界で勝てるよう準備するだけです」と気負いなく話した。(大友信彦)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス