文字サイズ

卓球Tリーグが9月オールスター戦開催「トップ選手による男女の垣根を超えた試合を」

 卓球Tリーグは9日、9月に無観客でのリモートマッチとして「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」を開催することを発表した。開催日や試合方式などは未定だが、「日本のトップ選手達による、男女の垣根を超えた試合を予定しております」と予告した。

 3シーズン目を迎えるTリーグには現在、男子は張本智和、水谷隼、丹羽孝希、女子は石川佳純、平野美宇ら東京五輪代表も含めたトップ選手が多数参戦しており、今季は新型コロナウイルス感染のリスクを考慮して11月開幕に向けて準備を進めている。

 開幕前のオールスター戦を開催するにあたり、「日本を代表する一流選手の『素晴らしいプレー』『世界最高峰の試合』のみならず、彼ら、彼女らの『自分を、そして仲間を信じる思い』を通じて、日本中の卓球ファン、スポーツを愛するすべての方々に、明日に向かっての希望と元気をお届けしたいという気持ちから開催を決定した」と説明した。

 また、オールスター戦開催にあたっては、リモートでの無料観戦を実現するため、映像制作費や会場設営費の一部をクラウドファンディングで募るという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス