文字サイズ

炎鵬 七夕の願いは「何事もないように」7月場所へ調整

 「大相撲7月場所」(7月19日初日、両国国技館)

 幕内最小兵の炎鵬(25)=宮城野=が7日、電話での代表取材に応じ、元大関の初代貴ノ花の映像を見て取り口を研究していることを明かした。朝稽古では若い衆相手に相撲を取り、7月場所へ向け、精力的に調整した。

 初代貴ノ花は“角界のプリンス”と呼ばれ、細身の体で土俵際の粘りは驚異的。炎鵬は「いろんな人を(映像で)見たけど、初代貴ノ花の足腰の強さは見習うところがある」と感銘。先場所後の長期ブランクを利用し、下半身を徹底的に鍛えた。「いろいろ試しながらやっている」と、稽古でも初代貴ノ花をイメージする。

 初代貴ノ花以外にも“ちびっこギャング”こと元関脇鷲羽山、“F1相撲”こと琴錦らやはり小兵の映像にくぎ付け。「自分の理想とする力士」と、進化を目指す。

 100キロに満たない体重だが、あえて増やそうとはせず、キープ。「自分の体をコントロールするように頭で考えながらやっている」と自信。自炊を始め、今の得意は「煮卵」。自家製のタレにつけ込んだ半熟卵をご飯にかければ何杯でも食べられる。「半熟、トロトロ。1日5、6個は食べますよ」と言う。

 この日は七夕。兄弟子の横綱白鵬、幕内石浦ら部屋の力士全員、願い事の短冊を飾った。炎鵬は「何事もないように」と書き、7月場所は15日間の安全に全うすることを目標にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス