文字サイズ

川井梨紗子は人生初ぎっくり腰…レスリング代表合宿再開もケガ懸念で慎重スタート

 レスリング女子代表の強化合宿が2日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで3月以来、約3カ月半ぶりに行われた。新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間後の合宿再開は3スタイルを通じて初めてで、抗体検査や検温などを経た東京五輪代表ら8選手が参加。スパーリングは行わず、軽いメニューで汗を流した。

 リオデジャネイロ五輪金メダリストで東京五輪57キロ級代表の川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ=はオンラインで取材に応じ、「久しぶりの合宿で新鮮。体力的には落ちているが、レスリングの感覚は変わってない」と上々の様子。1年後に延期となった五輪については「優勝したい(という気持ち)よりも、安全な状況で開催してほしいのが一番」とコロナ禍の終息を何より切望した。

 これもコロナの影響か。自粛期間中には人生初のぎっくり腰を発症し、最近の練習再開後も再び腰を痛めたという。「8割くらい戻った。自分はけがをしないタイプと思っていたが、再発しないように注意している」。まずはスローペースで練習を再開し、来夏に向けて徐々に戻していく考えを示した。

 レスリングはハードなコンタクトスポーツとあって、急激な練習再開は大けがにつながる可能性もある。西口茂樹強化本部長は「けがも怖いので慎重に。足元を固める必要がある」と話した。

 女子では川井梨のぎっくり腰の他に、76キロ級代表の皆川博惠(クリナップ)が前週に右膝の手術を行ったばかりだという。笹山秀雄女子強化委員長は「他の所属でも(選手が)腱を切ったとか聞いている。急に(練習を)戻すとけがが心配なので(ペースを)抑えながらやっていきたい」と、まずは慣らし運転から始め、スパーリングは来月以降の合宿で再開する考えを示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス