文字サイズ

柔道、国際大会参加は12月以降グランドスラム東京大会を目標に

 全日本柔道連盟(全柔連)の金野潤強化委員長は22日、オンラインで報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で3月から中断の国際大会が国際柔道連盟(IJF)の方針通り9月に再開した場合を想定し、東京五輪日本代表など強化選手の参加は12月のグランドスラム東京大会を目標とする意向を示した。

 ウイルス禍で本格的な練習が4月からできず、コンディションが整わないことが主な理由。

 唯一代表が決まらず、新旧世界王者の丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(パーク24)が争う男子66キロ級の最終選考会の実施方式は来週にも結論が出る方向とした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス