文字サイズ

卓球協会が女性役員を倍増、2人から4人に 全体の約17%

 日本卓球協会は21日、評議員会を行い、2年任期の役員23人を改選した。藤重貞慶会長が再選し4期目となるほか、女性役員が2人から4人に倍増し全体の約17%となる。

 19年6月には、スポーツ庁が適切な組織運営を促す「スポーツ団体ガバナンスコード」を設け、女性役員の登用や若返りなどを推奨しており、オンラインで取材に応じた星野一朗専務理事は「1年くらいかけて、それに対応するような組織をつくりたい」と、規定改定などを行う考えを示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス