文字サイズ

朝乃山、プロ野球開幕受け「早く本場所土俵で相撲取りたい」 ぶつかり稽古も再開

 新大関の朝乃山
2枚

 「大相撲7月場所」(7月19日、両国国技館)

 新大関朝乃山(26)=高砂=が19日、プロ野球開幕を受け「(自身も)早く本場所の土俵で相撲を取りたい」と本番を切望した。7月場所まで1カ月となったこの日、日本相撲協会を通じ質問に応じ、「応援してくれる方々には『相撲がないと寂しい』と言われ、改めて大相撲は皆さんに愛されているんだなと実感した」と語った。

 春場所後3カ月、じっくり基礎運動に取り組み、ぶつかり稽古も再開した。新型コロナの影響で出稽古は禁止ながら、「部屋で稽古をすれば問題ない。少しずつ上げていく。常に場所があると思い、日々を過ごしている」と強調した。

 昨年は5月の夏場所で初優勝し、6月16日に地元富山でパレード、同18日に母校近大でパレードとフィーバー。「1年がたつのが早いと実感している。また、パレードができるように頑張りたい」と誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス